FC2ブログ

つばめの子ソラ

ツバメの雛の飼育と旅立ちの日記です。巣から落ちたツバメの成長を写真とビデオで記録しました。ヒナの育て方の参考になれば幸いです

放鳥 つばめの子ソラとの別れ

2005年7/27 11:30
一刻も早くソラを放なしてしまおう! これ以上一緒にいたら私は別れに耐えられない


この日はソラの名に相応しい青空でした。
「蓋を開けたらすぐに飛んでしまう」そう思っていたのに、
ソラはいつものように肩に止まって飛び立つ様子はありません。

やっぱり私たちと居たいんだ~(^・^)
ソラは私の子供、私はソラの母さんだもんね。
このままずっと一緒に暮らそうか?
ソラがそれを選ぶなら…

「今日はやめようか」「うん、餌もあんまりやってないしね」
どちらが言い出したのか覚えていません。
放鳥は中止です。
それなのに相方はソラを手に止めたまま草原を歩いています。
不安な気持ちが高まったその瞬間、ソラは飛び立ってしまった!
(これ以上書けないので、この日書いたブログを引用します)

ツバメの子ソラが行ってしまった。
相方の手から唐突に飛び発って、私たちの上を何度か旋回した後は
二度と手や肩に戻ることはなかった。
「ソラッ!」と呼ぶ。「チッチ」と応える。
でも見ているだけで戻っては来ない。
ソラは私たちじゃなく自然の中に生きる事を選んだんです。
明日にでも外敵に殺されてしまうかもしれないし、
餌が捕れずに飢え死にするかもしれない。
あの子がそれを選んだんだから、この先何が起こっても私は知らない!

けれど神様!お願いだから、あの小さなツバメを助けてやって下さい!
二度と会えないことは分かっているけど、来年そして再来年、
「ソラ」って呼んだら「チチッ」と鳴くツバメがいて欲しい。

7/28
また来てしまいました。
最後にソラを見たのは栗の木の枝に止まっている姿。
風に揺らぐ木の葉に見え隠れするソラは私たちを見ていました。

「ソラー」 何度呼んでも無駄だと分かっているのに…
バカみたい!これはドラマじゃない、余計辛くなるだけじゃん!
空を見上げる。
地面を見る。
自然・野性・本能・運命…色んな理屈を引っ張り出しても、よぎるのは悪い想像ばかり。
こんなことなら8月まで延期すれば良かった、ずっと飼っていれば良かった、と本音が叫んでるよ。

「中止して帰ろう、と言ったのに何故ソラを乗せてフラフラしてたんだよ!」
相方「飛んでも直ぐに戻って来ると思ったんだ…」
「それじゃあ、放したんじゃなく逃げただけじゃん!」
相方「自分から飛んだんだ。選んだんだよ、ソラは」



←クリックでBGMストップ
 
スポンサーサイト
[ 2018/10/20 15:39 ] つばめの保護飼育 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する